2006年11月 6日 (月)

AQUOS(LC-32GH1)な日々。

なんか「LC-32GH1」絡みでで検索して飛んでくる人が居るので
入出力関係のおさらいとスペック表に現れない部分を補足。
「LC-32GH2」についてもちょっと触れます。

入出力関係

オプチカル音声出力が1系統
IEEE1394が2系統
HDMIが2系統(入力5~6)
DVI入力が1系統(入力7)
コンポジットビデオ入力が4系統(入力1~4)(1~2系統がD4、3~4系統がS映像)
コンポジットビデオ出力(S映像)が1系統あるが入力4との切替式
センタースピーカー入力

電話回線モジュラジャック
LAN回線(10BASE-T/100BASE-TX)モジュラジャック
RS-232Cコネクタ

HDMIが2系統あるのはPS3の接続を考えてる人には非常にありがたいです。
PS3をHDMIで接続した上でもう1系統空きがある訳ですから。
尚、購入時に店員から電話奪ってメーカーに聞いた所によるとHDMIは1.3との事。

なんか1.2か1.3かの話が分かれてるので明言は避ける事にします。

コンポジットビデオ出力の音声は無調整とTV音量連動との切替が可能。

スペック表に現れない部分

スピーカーは取外し可能(ビス止め)
スピーカーケーブルの接続はバネ式ワンタッチ端子左右2箇所にて接続。
これはGH2のスピーカーが左右に配置される為。
別のサラウンドスピーカーを接続する事も可能(出力はそんなに強くないけど)

また、センタースピーカー入力端子からの入力をすれば
GH1・2のスピーカーを5.1chのセンタースピーカーとして使えます。
センタースピーカーとして使う場合、配置的にGH1の方が良いかも。

センタースピーカーとして使わない、もしくは既にセンタースピーカーが有る場合
GH2の方が良いです。
と、言うのも標準スタンドの高さが微妙に違うと言う事。

GH1のスピーカーを外すと妙に首長になってしまうのです。
下にスピーカーが有るせいです。

・・・でもスピーカーを外す使い方をする人が、スタンドの為だけに
「スピーカーの構造の違いだけで実勢価格の高い」GH2を買うとは思いませんが。

悪い点

アンテナ接続端子の位置がひどい。こればかりは設計屋正気かと疑う。
アンテナ線を接続した際のコネクタ部の首下のスペースが皆無に等しいのだ。
付属のケーブルを使用して「アンテナ出力-地上デジタル入力」の接続をすると
背面カバーの取付に苦労する事間違い無し。
無理矢理押し込むのでコネクタの首が曲って抵抗が増えるせいか、
電波の悪い我が家では地デジが入らなくなる事もしばしば。
カバー付けなければ問題無しなんだが・・・


まぁ、画質も悪くないので価格帯の割に色々使えそうな液晶です。


まぁ・・・うちのGH1はうたわれるものしか映ってない訳ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

黒猫メイド服な日々。その2

「エロゴノミクス」採用キーボードに黒猫メイドモデル

・・・しかしキーボードの位置が絶妙だな。

まぁ、何だかんだ言っても




中身になってくれる人の居ない俺にとっては

無用の長物。









そんな訳でキーボードの中身になってくれる人、常時募集中。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

デスピサロ、進化の秘法・・・な日々。

例によって、内容とかけ離れたタイトル付けました。

ダーウィンの進化論。

今では当然の如く認められている(一部の狂信者除く)訳ですが・・・

「理に適わない、環境や情勢に適合しないモノ」

つまり、進化の方向性を間違ったモノと言うのは最終的に淘汰される訳です。

前置きが長くなりました。

今日のお題はこちら。

イーレッツ、電池駆動対応のUSB扇風機


よくあるUSB電源で動く扇風機に見えますが・・・

今回発売される新型は何と!

電池でも動くそうです!!





・・・

間違いなく、進化の方向間違ってる。

間違いすぎて自らのアイデンティティすら見失ってる。

でも、こういうの大好き。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

世界最強のUSBメモリ発売  ・・・な日々。

まさに最強である。

Pretec、“世界一丈夫な”USBメモリ


防水耐火は勿論として・・・防弾仕様。

最後のは、どう考えてもUSBメモリに不要な能力である。

対衝撃くらいで十分だろうに、防弾を謳うとは流石はアメリカ。
と言うかむしろ、コレが銃弾になるんじゃないのか
なんてツッコミたくなるような形状である。

しかし・・・アメリカ人の考える事は良く分らない。
何が分らないって
記事の写真をアップで見た人なら分るだろう。

筐体下部の彫刻・・・

アステカの遺跡辺りから出土したような、
そんなオーラが漂ってます。

このデザインはいったい・・・?



ライフルへ詰めて射出。
射程距離内の他の部隊にデータを届ける事が出来る
そんな機能を有してたりしないんだろうか・・・なんて妄想をさせる形状です。

誰かホントに防弾か試してくれる人居ませんかね。日本には居ないでしょうケド。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)