« 2008年12月 | トップページ

2009年1月20日 (火)

隠岐なのに福岡とはこれいかに、な日々。

51年ぶり隠岐諸島から関取、「福岡」十両昇進ほぼ確実

はい、相撲の話題です。
しかも横綱がどーしたとかそんな話では無く。

何でこんな記事を取り上げたかと言いますと・・・
実は、自分の本籍地は隠岐なんですよねー。
生まれも育ちも山梨だけど。

つーか、遠い親戚らしいです、福岡。


父親弟の嫁さん従兄弟息子


が、この福岡

会った事はありません。たぶん。

えーと、何と言って良いか分かりませんが、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

続、ヨーロッパSのEV・・・?な日々。

独自デザインのボディを乗せてるそうです。

ダッジ サーキットEV …そのスポーツ性能

記事より
軽さで定評のある英国ロータス社のシャシーに独自デザインのボディを載せたもので、基本的には『ロータスヨーロッパ』とシャシーを共用している。

・・・どこに?

ああ、前後バンパーとテールランプの光らせ方が独自デザインって事ですか・・・
エリーゼと違ってヨーロッパSはバンパーが普通に外して交換できるんですよね。
テールランプのレンズも普通に交換できるんですよね。
数本のビスとナットで外せるパーツ交換して独自デザインですかそうですか。

社外品のバンパーに交換したらその車は
そのバンパーデザインした会社の独自のデザインだと言い張れるんですかね。


サイドのエンジン吸気用のエアインテークも残ったまま。
電気自動車にそんなモノ必要なんですかね・・・?
ちなみに、テスラ・ロードスターはその辺も全部デザインから無くしましたよ。

で、内装も公開されたわけですが、シフト周り以外、殆どヨーロッパSのままのようです。

ほんと、やっつけ仕事ですね。

中身さえ作って入れ替えりゃ胸を張って居られると思ってるんでしょう・・・
確かに中身が大事だが、この手の車は胸躍るデザインも必要だと思うのに。

会社、傾く訳だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月14日 (水)

ロータス・ヨーロッパSのEV!・・・じゃないの?な日々。

見た目はロータス・ヨーロッパSほぼそのままです。
ホントにちょっと細部を変えた 程度で。

ダッジからEVスポーツカー

写真見た瞬間にロータス好きは噴いた事でしょう。

当然、シャシーもヨーロッパSとほぼ同じでしょう。

もしや、エンジンをモーターに載せ変えただけでは。
そんな疑念すら抱かされる車ですね・・・
そこまで技術力が追いついていないんでしょうか。

技術のキモが中身だとは言ってもボディ弄る余裕も無いのか?

新興企業のテスラ社ですらエリーゼをベースとしたEVでボディパネルも新造したのに
ビッグ3の一端である会社がこんな車堂々と出してて良いんですかね?
そんなんでお茶濁すから駄目になるんじゃないの?

スタイリングに言及して褒める記事も記事ですが。

以下記事より。
すでに米国にはテスラ『ロードスター』というEVスポーツカーが存在する。ダッジ・サーキットEVが市販されれば、テスラの強力なライバルになりそうだ。

・・・

・・・記者よ、ちょっと待て。それはある意味、
ロータス・エリーゼvsロータス・ヨーロッパSでしかないぞ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ